月別アーカイブ: 2016年5月

保育園の創設、育休退園について

保育園申し入れ

5月24日、新日本婦人の会が保育園問題で倉敷市に申し入れをしました(写真)

保育園に入れず、正社員で働いていたのに仕事を辞めるしかなかったお母さんの「私と同じ思いを誰にもさせたくない」と涙の訴えもあり、「待機児童、育休退園ゼロ」を強く求めました。
日本共産党倉敷市議団から、末田正彦議員、田辺昭夫議員、住寄善志議員が同席しました。

27日の保健福祉委員会では、

○210人程度の保育所等の創設・増設

○育休退園をH29年から3歳児もはずす(現4・5歳のみ)

○待機児解消のためのつめこみ保育はしない・・・ことが発表されました。

詳しくは田辺昭夫議員のHPをご覧ください。