« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月30日

新たな税金投入を許さない運動を

6月市議会は、チボリ問題が一つの重大な争点でした。県が再建案を発表し倉敷市に新たな財政負担を求めてきたからです。
P6150001.JPG
(紫陽花のきれいな季節になりました。撮影は田辺市議)

これまで、古市市長は「新たな税金投入はしない」と述べてきましたが、6月議会でも基本的にその姿勢は崩していません。答弁でも「チボリへの協力は惜しまないが新たな税金投入をしないというスタンスには変わりがない」「新たな税金投入をしないという立場に立って今後の協力のあり方を検討していきたい」と繰り返し述べたのです。

しかし、倉敷商工会議所や地元町内会から倉敷市の税金投入を求める大合唱が行われるなど、「税金を出せ」という異常な圧力も強まっており、予断を許しません。

レジャーランドにこれ以上税金使うな、チボリジャパン社は法的整理を!の声を大きくひろげましょう。

9月議会が正念場になりそうです・・・・・。

2006年06月29日

6月議会報告、まもなく「倉敷市政ニュース」が出来ます。

 今日は市議団が発行する「倉敷市政ニュース」の原稿の締め切り日です。各人が持ち寄った原稿を印刷所の担当者に引き渡しました。
 本日の市議団ブログ担当者の私も、総務委員会の行政視察からの帰りに市議団控え室によって、原稿の仕上げです。
 完成しましたら、皆さんのところにお届けします。また、ブログにもアップしますので、今しばらくお待ち下さい。

 また、6月県議会・市議会報告会を市内5会場で行います。みなさん、ぜひおこし下さい。

houkokukai.jpg

   児島会場     7月7日(金)  18:30~   児島公民館
   水島会場     7月8日(土)  10:00~   水島公民館1階会議室
   玉島会場     7月8日(土)  14:00~   柏島東いこいの家
   倉敷会場     7月15日(土) 15:00~   倉敷労働会館
   真備・船穂会場 7月15日(土) 18:30~   船穂公民館

2006年06月28日

「ごみ環境考える会」ガス化溶融炉見学

エコワークス.jpg
 30名が水島支所に集合し、市職労、医療生協の宣伝カーなど5台で、JFE構内最南端の水島エコワークスに行きました。
 「考える会」として予め提出していた4項目の質問事項に対して、向後社長がパワーポイントで説明したのち質疑に入りました。
 緊急停止時の排ガスの放散について、詳しく追及しましたが、急速冷却装置には停電しても高所の貯水タンクから放水され70℃に下げ、ダイオキシンはほとんど出さない、とスキのない答弁でした。
 産廃、一廃混焼の理由を向後社長は、市からの「下水汚泥、焼却灰」を「カロリーの高い産廃」で処理するため、と説明しました。そこで私と赤坂県議は、岡山県、旧川鉄、倉敷市などでつくった「チャレンジ県政研究会」報告書では、産廃だけではガス化溶融の事業の安定性が確保できない(①長期間受入れがあり確実な収入がある一廃処理を行なって事業の安定性を図る②低カロリーの物が多い産廃だけでは溶融に困難を生ずるので比較的熱量の高い一廃を加えるー報告書10ページ)、倉敷市の一廃投入が必要条件、と書いている、と指摘しました。まだ疑問点は残っています。
 

2006年06月27日

自然史博物館の視察後、田辺昭夫議員のお祝い会

像.jpg
田辺昭夫議員の在職15年表彰を祝って、お祝い会をしました。栗本泰治後援会会長、岡田信之前県議、赤坂てる子県会議員、も参加してくださいました。(6月23日)

若い力で「党市議団ここにあり」と大きく翼を広げて頑張ってほしいと思いますひまわりのように。
ひまわり.JPG
(写真は名護市にて大本が撮影 2006,5,25)


2006年06月23日

6月議会閉会

田儀公夫議員が、船穂のマスカットを控え室に持ってきてくれました。
岡山マスカットオブアレキサンドリア、見事な房をつけています。
CIMG3353.JPG
船穂のマスカットは、温室早期加温で収穫時期を早めているのが特徴。この時期においしいマスカットが楽しめます。昨今の原油高騰で、火入れを遅くしている農家もあるとか。原油高騰がこんなところに深刻な影響を与えています。

今日で6月議会終了。
単県医療費公費負担制度や自立支援法への市独自補助の実現やチボリ問題での追及など、わが市議団は5名全員が力をあわせてがんばりました。
提案された29議案のうち、真備地区の指定ゴミ袋の延長や市営新倉敷駅再開発の民間業者への指定管理者の指定など4つの議案に反対しました。

また、7月から報告会を開催します。

2006年06月22日

平和の誓い

heiwanokane.JPG

 6月22日、今日は水島空襲の日です。水島緑地福田公園に平和の鐘の音が響きました。
 赤坂てる子県議、岡田信之前県議をはじめ、市民の皆さんが、市議団からは、田辺、末田両市議が参加しました。

 『平和の鐘』は昨年6月議会で田辺市議が取り上げ、6月22日水島空襲の日、8月6日、9日の広島・長崎の日、8月15日終戦の日に平和を願っての行事として、昨年から取り組まれています。

 平和を考える事業として、『戦災のきろく展』が開かれています。
 『戦災のきろく展』の案内、水島の戦災の概要はこちらから。(画像が少し悪いのはご容赦下さい。)
      ↓ ↓
   クリックしてください。(PDF256KB)

 明日は6月議会最終日です。
 各議案に対する態度を表明します。我が市議団からは、田儀公夫議員が討論に立ちます。

2006年06月21日

総務委員会、建設委員会開く

 総務委員会、建設委員会2つの委員会が開かれました。
総務委員会には末田議員が出席し、補正予算案、市民企画提案事業審議会条例制定案、請願4件について審議しました。詳しくは、末田議員のブログをご覧ください。

2006年06月20日

文教委員会・市民環境委員会が開かれました

路傍の花.jpg
文教委員会ー田儀議員が委員として出席。市民環境委員会ー小山議員が委員として出席。委員会報告はそれぞれの個人ブログをご覧ください。
明日(21日)は、10時から総務委員会が開催されます。末田議員が委員として出席します。
古文書「玄石文庫」の紛失事件、美術館の「樟脳臭騒ぎ」など、文化都市倉敷市として恥ずかしい事件が続いています。そこでさっそく国際文化都市促進特別委員会(我が議員団が提案して立ち上げた特別委員会)の開会を委員長に申し入れましたところ第1回の会議を23日(金)本会議終了後開催することになりました。(特別委員会委員は、田儀・大本両議員です)
(写真は、オキザリス・かたばみ科の植物、葉の形はクローバーに良く似ています。撮影場所玉島柏台
花言葉は「喜び、母親の優しさ」)

「玄石文庫の紛失事件」は、あいまいな解決は許されません。この事件をとおして市当局の倉敷の文化に対する認識のなさが炙り出されました。古文書・公文書の保管体制、共有の財産を市民に供する施設のないこと。図書館・美術館の体制の問題など、改善しなければならない問題です。

2006年06月19日

今日から委員会審査

今週から各常任委員会審査が始まりました。

1131457951[1].jpg
(写真は七変化)
今日は、経済委員会と保健福祉委員会の2つの委員会審査です。
経済委員会は大本芳子市議、保健福祉委員会は田辺昭夫市議が委員として出席。

経済委員会では、船穂産業団地問題や高潮対策事業などが審議がされました。
保健福祉委員会では、単県医療費公費負担制度および障害者自立支援法の自己負担の倉敷市独自の軽減策などが審議されました。
詳しくは大本芳子 微笑ブログ  
     田辺昭夫 あきおの日記 をご覧ください。

ガス化溶融炉、見に行きませんか。

gomimondaiannai.jpg

『倉敷市のごみ・環境問題を考える会』で、ガス化溶融炉(水島エコワークス)の見学会を行います。
家庭ごみの行方を実際に自分の目で見て、環境問題について考える機会にしていただければと思います。ご参加下さい。

 視察日時:6月28日(水) 集合時間午後1時
 集合場所:倉敷市水島支所駐車場

詳しくは、上記のビラをご覧下さい。ビラをクリックすると拡大されます。

2006年06月16日

一般質問は田辺昭夫市議団長でした。

今日は一般質問の最終日でした。
わが市議団からは田辺昭夫市議団長がたちました。
チボリ事業、経営感覚をもった市政運営はなにをもたらすか、平和問題、人事について等など市政全般をとりあげました。質問の中で多くの改善点を約束させました。
わが団長は頑張りました。再々質問終わった段階で持ち時間5秒残っていました。名人芸でした。

田辺昭夫市議質問原稿

詳しくは田辺市議のブログをご覧ください。→あきおの日記

2006年06月15日

ベテランの味、当局しどろもどろ。

aijisai.JPG
(↑今朝の児島稗田南十字路付近)

本会議質問も3日目に入り、わが党からは大本芳子市議、小山博通市議が登壇。
共産党市議団は5名になったことにより、一日に2人、登壇する日があります。
2人のベテランが、議場にいい緊張感をもたらしました。

 大本芳子議員の質問原稿はこちらから→”質問原稿全文を読む”
 小山博通議員の質問原稿はこちらから→”質問原稿全文を読む”

なお、詳しくは、『大本よし子微笑ブログ』、『博通の視線』をご覧下さい。

2006年06月14日

田儀公夫議員が「市場化テスト」を追及

 傍聴案内では午後1時からとなっていましたが、順番が前の2議員の質問が早く終わったため、11時過ぎに田儀質問が始まりました。「4月1日機構改革で、企画・財政・情報を集中し、総合政策局をつくったが、ここが市場化テストの戦略本部だ」とズバリ指摘。「倉敷市はトップランナーになろうとしているが、英国で市場化テストが失敗したことから学んでいるのか」と厳しく批判しました。答弁に立ったのは、4月1日総務省から倉敷市に来て総合政策局長に就任した、34歳の末永洋之氏です。きれいな言葉でうまく答弁を作っていましたが、田儀議員の迫力にはかないません。市場化テスト導入反対で本格論争第1弾でした。
 詳しくは田儀公夫議員のブログをご覧ください。

2006年06月13日

質問戦が始まりましたートップバッター末田議員

花.JPG
(写真は農業後継者クラブよりいただいた花)
市議団のブログを5人が当番で書くことにしました。本日は、私大本が担当しました。
トップバッターとして、末田議員が登壇しました。詳しくは末田ブログでご覧ください。

2006年06月12日

一般質問始まる。

いよいよ、明日から4日間の日程で一般質問が始まります。
市議会46名の市議のうち18市議が質問に立ちます。
もちろん、我が市議団は5名全員が行います。5名の質問項目や日程はすでにお知らせご案のとおりです。
どうぞ、傍聴にお越し下さい。

2006年06月09日

6月議会の質問内容、日程が決まりました。

6月定例市議会が一般質問が6月13日から16日まで行われます。
傍聴は自由にできます。またケーブルテレビでも放映されます(録画)
質問時間は変更することがありますので、詳しくは市議団事務局へお問い合わせください。

5名の市議団の質問内容と日程は以下のとおりです。

6月13日(火)午前10時~
末田正彦市議

1、古市市長の政治姿勢について
  チボリや公立保育所民間委託問題など
2、市民の健康をまもるために
  介護保険、障害者自立支援、医療改悪など
3、防災問題
  ため池

6月14日(水)午後1:00ごろ
田儀公夫市議

1、市場化テストについて
  問題だらけ、倉敷市を実験台にするな
2、産業の振興、雇用問題について
  水島コンビナート問題、農業問題など
3、船穂産業団地について
  今後の動向
4、船穂・真備支所の充実
  保健業務の窓口を

6月15日(木)午前10時~
大本芳子市議

1、市政から岡山県政をみて思うこと
 児童相談所、大企業補助金問題など
2、市民提案事業は、行政の継続性をこわすものであってはならない
3、教育行政について
 学童保育、玄石文庫問題など
4、弥高山産廃撤去後の課題について
  土石流流失や水質汚濁

6月15日(木)午後1時30分ごろ
小山博通市議

1、市長の政治姿勢について
  格差社会、雇用情勢
2、見直しまちづくり3法とイオン増床、三越跡地について
3、観光振興を考える
  まちづくりシンポ、倉敷市の魅力を共有できるように
4、まちづくりの基本計画
  景観計画、都市計画マスタープランなど
5、浸水対策プロジェクトチーム復活で施策推進を

6月16日(金)午前10時~
田辺昭夫市議

1、古市市長の政治姿勢を問う
  「経営感覚をもった市政運営」、平和行政など
2、人事について
  専門職員の正規採用、非常勤職員の任用期間の撤廃を
3、教育基本法についての教育長の認識を問う
4、教育行政について
  こどもの権利条例、幼稚園の統廃合など

2006年06月08日

6月議会開会しました。

23日まで16日間の日程で行われます。
平成18年度倉敷市一般会計補正予算案(第2号)を含む議案22件、報告7件の計29議案が上程されました。
本日は、市長の提案理由説明が行われ散会。
いよいよ、来週13日(火)からは質問戦が始まります。
議員団は全員が質問戦に立つ予定です。日程が決まりましたならば、お知らせいたします。
みなさん、ぜひ傍聴にお越しください。

議事に入る前、永年在職議員表彰が行われました。

田辺昭夫市議が在職15年表彰です。

tanabeakio.JPG

2006年06月01日

田辺昭夫ニュース6月4日号

田辺昭夫ニュース6月4日号

2006,6,4号カラー.jpg

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp