« 12月議会全力で闘いました。 | メイン | 2006年を振り返って »

生活感の伝わってこない「市長の年納めの挨拶」ー議会最終日

窓口.jpg
(写真は 議会事務局窓口の花)

  議会最終日(12月22日)市長の年納めの挨拶がありました。私はそれを聞いていて、「市民感情にそぐわない話」正直そう思いました。今倉敷市にはチボリ・三越跡・疲弊した商店街の活性化・など市政の課題は、山積していますが、
「市長の年納め挨拶」には、そういった市政に対する市民の懸念には全くお構いなしで、「一期目の折り返しとなるこの一年、これまで蒔いてきた種が次第に芽を出し、いよいよ花を咲かせて来たー」と自画自賛です。不透明・独断専行・公私混同の花が来年はもっと広がりそうな予感がします。

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp