« 予算委員会 経済委員会分の審査 | メイン | 今日の予算審議は文教委員会関係。 »

「予算に反対すれば野党」

 この議会でよく耳にするのが「予算に反対すれば野党だ」という言葉です。古市市長が自由民主クラブのある議員に対して発した言葉だと言われます。いま、4人が脱会して無所属になるなど、自由民主クラブから『反市長』の嵐が吹き始めています。今回初めて設置された予算特別委員会の冒頭、原委員長(自由民主クラブ)が、「市長は『予算に反対すれば野党だ』と言ったが、我々は『是々非々』だ。予算を徹底審議しよう」と異例の発言をしました。
 市長から「野党」と言われたことが、自由民主クラブとして許せないようですが、日本共産党は「野党」と言われて何ら動じるものではありません。
 日本共産党は、いま「確かな野党」が必要だ、と訴え、大型事業でムダづかいし福祉切捨ての「逆立ち政治」に反対するとともに、外交に力を尽くす「野党外交」を進めています。
 東京都知事選などで民主党が、選挙前になると野党ポーズをとり、選挙が済むとオール与党になる、と批判されています。国民の立場に立って筋を通す「確かな野党」こそ求められているのではないでしょうか。
 
 

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp