« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月30日

3/27 道路関連税制での総理会見について 市田忠義書記局長の記者会見


道路関連税制での総理会見について、市田書記局長が記者会見を行 いました。

2008年03月24日

3/23 後期高齢者医療制度 中止・撤回求める東京大集会 小池議員が連帯のあいさつ

2008年03月23日

3/19 官製「働く貧困層」 待遇改善を求める 山下議員の質問

2008年03月19日

チボリ後も税金投入するな

tibori.jpg
チボリに反対する県民の会(福武彦三事務局長)、チボリはいらない倉敷市民の会(高田雅之代表)、チボリ訴訟弁護団共同した要聖書を、古市健三倉敷市長に提出し申し入れを行いました。古市市長は「新たな税金投入しない、のスタンスは変わらない。要請に全力で応える」と答弁しました。党市議団から、小山、末田議員が同席しました。要請書全文

18日議会最終日、予算案などに反対

 新年度予算案など81議案・請願・発議のうち、11議案に反対し、2請願についての委員長報告に反対しました。
 小山議員が会派を代表して討論を行い、原油高騰で市民生活が大変なとき、古市市長が市民要求に応える施政方針を示さず、行政組織改革も行わず、6年生までの医療費無料化を、自らの選挙マニュフェストには掲げながら、議会では答弁を避けたことを、無責任なやり方だと厳しく批判しました。反対討論全文
 予算案では、チボリ融資24億円余、PFIごみ処理業務委託料など、市民にとって不利益となる支出に反対しました。後期高齢者医療制度導入に係わる、特別会計予算、条例などは、医療保険制度への年齢差別持ち込みに反対する立場から認めませんでした。モーターボート競走関連予算・条例改正には、ギャンブルの徒な拡大に反対する立場から認めませんでした。
 「働くルールの確立を求める意見書提出」請願で、委員会審査結果は「趣旨採択で意見書は出さない」とされたので、意見書を出すべきだ、という立場から、本会議で委員長報告に反対しました。また、「松くい虫防除のための薬剤空中散布の中止を求める」請願は、委員会審査結果は不採択でしたが、採択すべきものとして、委員長報告に反対しました。
 「非核平和倉敷市宣言の採択を求める」請願は、委員会では多数が賛成し採択されました。ところが本会議では、末田議員が賛成討論に立ち奮闘しましたが、新政ク、公明党、新風会、天領会、政友会などが反対し、賛成少数で不採択になりました。
 「道路特定財源の確保に関する意見書」については、共産党、青空ク、新政ク3会派が反対しましたが、自民ク、公明党、新風会、天領会、政友会などが賛成し、発議されました。

2008年03月17日

文化財、市自ら壊した?

08-03-14ganngi.JPG
倉敷川「雁木=がんぎ」

上の写真は雁木の所を新石材で改修したもので、文化財保護の立場にある市が自ら壊したと問題にされているものです。この雁木は現在、倉敷川「川舟流し」乗降場として利用しているもので、観光客がつまずいたりして使い勝手がわるいということで改修したものです。
写真家などは「倉敷川の最も良い所を無造作に変えた」批判を受けています。
「古い雁木の石はどうしたか」については、「もう壊した」ということですから「始末が悪い」ものです。

明日は議会最終日です。小山博通市議が討論に立ちます。

2008年03月15日

3/15 後期高齢者医療制度 小池議員が中止・撤回求める

2008年03月12日

3/12 市田書記局長の会見 日銀総裁人事について反対の理由

市長選で何が問われているか

 2月議会では、市長選の政策論争に関わる質問が相次ぎました。古市マニュフェストで「6年生まで医療費無料化」としているが、財源を示せ、と質問がありました。古市市長は「後で示す」と逃げの答弁です。無責任のそしりは免れません。この問題では昨年12月議会で、田辺議員が、国の制度改定に伴う1.7億円の財源を示し再々質問まで追及してやっと「検討する」との答弁を引き出したものです。
 秋山議員が議長職を辞し、無所属議員として質問戦の最後に「市立4年制大学不要論」を展開しました。また、3月10日付岡山日日新聞で「伊東氏は『市立短大の4年制化に反対』」と報じています。日本共産党は、短大及び市当局が共同検討した「短大保育・服飾専攻科の4年制化」を実現可能な提案として評価し、「早稲田総研」言いなりに「国際ビジネス学部・インターネット授業」を導入してアジア進出する「新大学構想」には反対しています。
 「チボリ・その後」が選挙争点化してきました。秋山氏が「チボリはいらん」、伊東氏が「更地にしてはならない」と言い、古市市長は今議会で「クラボウに公園存続要望、その際金銭的支援は白紙」と答弁しています。日本共産党は「一日も早く税金投入を止め、どんな形でも税金投入するな」「クラボウに社会的貢献を求めよ」と市長の政治姿勢を質しました。
 市長選の政策論争が激化する今議会で、日本共産党は、市民要求実現に奮闘し、「窓口業務の派遣職員を直接雇用に」「障害者作業所工賃増加へ指導員配置」「日帰り入浴の入湯税軽減」などを実現しました。
 

2008年03月10日

スタンス変わる。

08-03-03kasai5.JPG笠井堰

今日は一般質問3日目でした。
わが市議団から小山博通市議が質問に立ちました。小山市議はチボリ問題、寿町の踏切の危険をなくする、食料の自給問題、学校給食で「地産地消」を、放課後子どもプラン、犬猫との共生社会を、など多岐にわたって行いました。
チボリの問題では、これまで「新たに税金投入しない」と古市市長はしてきたが、相手がチボリ・ジャパン社からクラボウに変わるとスタンスを変えるのかの質問にたいし、古市市長は「そのこともふくめて検討」と述べ、これまでとは違うニューアンスになりました。

2008年03月08日

同和教育基本方針廃止へ

  本日行われた倉敷市議会一般質問(大本芳子)で吉田雄平教育長は、「3月31日をもって『倉敷市同和教育基本方針』を廃止する」と答えました。
倉敷市同和教育基本方針は、党市議団の毎年行う予算要求の重点要望の一つでした。残る「岡山県同和教育基本方針」も早急に廃止さすべく運動を強めなくてはなりません。

2008年03月06日

田辺昭夫議員登壇-本会議一般質問始まる

 本日より、一般質問が始まり、田辺昭夫議員がトップをきって登壇し、以下の事項について質しました。
 1.平和についての古市市長の見識を問う
 2.地方独立行政法人について
 3.保健福祉行政について
 4.特別支援教育について

 明日は、大本芳子議員、田儀公夫議員が登壇します。

2008年03月04日

2月市議会、一般質問日程決まりました

0802bouchouannai.jpg

ご案内のとおり、4人の議員が本会議一般質問に立ちます。ぜひ、傍聴におこし下さい。
なお、末田正彦議員は2月29日に代表質問をおこないました。

質問日程と内容のお知らせ(PDF304KB)

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp