« 市議団、議員提案に全力。引き続き奮闘を誓う。 | メイン | 県政・市政報告会開く »

来年度予算要求に市民の声を

 27日伊東市長及び市当局に対して、09年度予算要求を行います。市民の声をしっかり盛り込んだ予算要求にしようと取り組んでいます。
 配布中の市政政策ビラに織り込んだ市民アンケートの返信が、10月6日現在537通届いています。
 「最近の暮らしむきはどうですか」の問いには、「大変苦しくなった」「苦しくなった」との答えが85%を占めています。
 「生活防衛での工夫」を尋ねると、「外食しない」「コープだけで店に行かない。店に行くとつい買ってしまうから」「家を出ないのが一番」「ビールを半分に。タバコはやめた」「庭で野菜作りを始めた」「おかずを一品減らした」「通勤以外は車に乗らない。休日は自転車で」「この夏はクーラーつけず。洗濯は3日に1回」「3回の食事を2回に。風呂を週2回に」「9月一杯まで水風呂でガマン」など、厳しい生活実態が綴られています。
 「病気になったら一巻の終わりだ」「貧乏人は早く死ねと言うのか」「国会議員は2世ばかりで庶民の生活などわかりっこない」など、怨嗟の声が溢れています。
 「県政・市政で特に力を入れてほしいこと」では、「医療・介護」が54%でトップ、「高齢者施策」44%、「食の安全」43%と続きます。「介護保険料が高い」との答えが72%を占め、「後期高齢者医療制度を廃止すべき」は69%に上ります。消費税値上げは反対が82%と圧倒的です。倉敷駅周辺鉄道高架事業について「賛成」は20%、「反対」50%、「わからない」30%です。「市議会議員に望むこと」でトップは「税金のムダ遣いをチェックしてほしい」次が「清潔・公正な政治の実現」です。
 今後とも共産党市議団宛に、ドシドシ要求を出して下さい。

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp