« 高年齢者職業相談室をなくさないで! | メイン | 飛躍の年へ! »

玉島障がい支援センターと焼却灰仮置き場を団で視察

玉島障害者支援センター.jpg
12月15日、玉島障害者支援センター「はばたき」と、焼却灰仮置き場を視察しました。
センターでは、運営・事業内容の説明を受け、施設見学をさせていただき、いくつか問題点があることがわかりました。
 まず、障がい施設なのにエレベーターがありません。これは党市議、大本芳子議員が以前議会で取り上げ、設置場所まで決まっていました。しかし、耐震問題で設置されず、そのままになっています。
 また車椅子利用者の駐車場から玄関まで、スロープの上にひさしがなく、雨の日にはずぶぬれになってしまいます。運営面では、指定管理者施設のため、必要な専門職員がいません。

焼却灰仮置き場.jpg
次に行った玉島E地区の焼却灰の仮置き場です。
4万トンの灰が広がっています。仮置き場としての状態が20年続いています。環境施設課の方から説明をしていただきました。

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp