« 常任委員会、特別委員会の構成が決まりました | メイン | 2月定例市議会が始まりました »

2月議会前の懇談会をおこないました。

konndannkai.jpg
くらしき健康福祉プラザで日本共産党県議団・倉敷市議団主催の2月議会前懇談会がひらかれました。

11月議会後の共産党市議団の取り組み、2月議会に提案される倉敷市の議案の特徴、赤坂てる子県議から石井知事から提案される議案の特徴など報告があり、その後懇談に移りました。
みなさんからたくさんの要望・意見・質問が出されました。

倉敷市の新年度予算に、▲「子どもの医療費無料化の通院分の対象年齢が小学校卒業までに引き上げられた事はとてもいいこと」▲「70歳以上を対象とした成人用肺炎球菌ワクチン接種費助成予算が計上されよかった」など新予算を歓迎する一方で、「倉敷市行財政改革プラン2011」の名の下に、進められるこの行革プランと「倉敷市第6次総合計画」との矛盾など施策展開に当っての不安なども出されました。

出された貴重な意見や声を活来週から始まる議会でしっかりとりあげていきたいと思います。

コメント

こんばんは。知っておられますか?倉敷市の借金は3795億円です。
倉敷市には借金時計があります。
http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/zaisei/fin22_1.html
1秒あたり150.29円増えています。1分間で9017.4円増えています。 一人あたりの倉敷市民の借金は79万1126円60銭です。
市長は小学生までの医療費無料にすることで10億円ぐらい増えると考えられているそうです。誰が借金払うのでしょうかね?市長さんなんて4年間いい顔していればいいですが住んでいる我々は一生住まなければならないわけです。
市長さん議員さんの年収は1000万超えてます。
私は今回の所得制限なしの、人気取りだけの無責任な医療費無償化は納得いきません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp