« 救援・復興にすべてを傾注すべき | メイン | 保育制度改革に関する意見書が全会一致で国に! »

JFEケミカルを視察・抗議

立ち見.jpg
(3月16日JFEケミカル西日本製造所倉敷工場を視察)

 JX日鉱日石エネルギー株式会社につづき、JFEケミカル西日本製造所でも、ばい煙施設でのばいじん濃度を測定していないにもかかわらず、測定を実施いたかのように報告していた偽装が明らかになりました。2月25日JX日鉱日石の視察に続き、党市議団は3月16日、JFEケミカル西日本製造所倉敷工場を視察しました。
 同工場の偽装・違反は1985年から25年間にわたり、同工場のばい煙発生施設31基のうち19基で煙を目視するだけで基準内の数値を記録していたものです。
応対した西日本製造所の前澤利治所長は、当時の分析担当関係者20人から聞き取り調
査をした結果だとして陳謝し、「信頼を裏切り大変申し訳ありません。当社は常日頃より法令遵守・企業倫理の徹底に努めてまいりましたが、このような法令違反を発生させてしまったことに対して深く反省するとともに、再発防止に全力を尽くしてまいります」と答えました。

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp