« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月29日

中国経済産業局(広島)へJX日鉱日石の偽装報告についての申し入れ

無題.png

申し入れする日本共産党岡山県委員会と党岡山地方議員団・・・・中国経済産業局にて
(左から、氏平県議、石村智子衆議院中国ブロック予定候補、森脇県議、大本倉敷市議、田儀公夫市議)

28日、日本共産党岡山県委員会(委員長 石井ひとみ)と党岡山県地方議員団(団長 森脇 久紀)は井辺国夫中国経済産業局長に対し、JX日鉱日石エネルギー(株)水島製油所の高圧ガスタンク改修偽装報告について監督庁として指導責任を果たすよう申し入れしました。倉敷市議団から大本芳子議員と田儀公夫議員が出席しました。

申し入れ内容は以下のとおりです。

ⅰ、JX社高圧ガスタンク改修の偽装問題については① 偽装の動機や責任の所在、改善策と進捗状況の公表
② Jxの偽装について監督庁が見抜けなかったのは問題、どのような対応をしてきたか。
③ 監督庁が十分なチェックできない仕組みを改める
④ 「3連動地震」にたいするコンビナート防災対策を講じるよう指導を

ⅱ JX日鉱日石エネルギー(株)水島製油所の地下に建設中の地下岩盤貯蔵方式の倉敷石油国家備蓄基地については万全の安全対策・体制の確立をなど

ⅲ 大阪ガスのパイプライン事業については、「3連動地震」を想定した安全対策になっていないと住民不安の解消を求める

応対した荒金裕司経済産業省原子力安全・保安院、中四国産業保安監督部保安課長が「しっかり法に基づいて調査し、行政処分を決めたい。立ち入りでチェックできるよう見直したい。中央に今日の申し入れを伝える」など述べました。

日本共産党倉敷市議団

岡山県倉敷市西中新田640 倉敷市議会内 〒710-8565 電話 086-426-3767 FAX086-421-4546 kyosanto@kurashiki-shigikai.jp