« ムダな大型プロジェクト「チボリ」で福祉犠牲に | メイン | 県議選で、チボリ誘致政策の誤りを正そう »

成人式がチボリでは行きたくない!-新成人が言っていました

  昨日チボリで、倉敷市の成人式がありました。それにたいして新成人の一人から私の家に電話がありました。
  「僕たちは もっと厳粛な成人式をしてほしい!大人は僕たちをどう見ているのか知らないけれど、今現実の厳しい社会の中で、どう生きるか真剣に悩んでいます。母の話では昔は公民館や文化センターで
恩師や地域の人が祝ってくれ、懐かしかったしうれしかったそうです。チボリでキャアキャア言うような成人式は僕たちを馬鹿にしている」とこうゆう中身です。
  私はこれを聞いて頭をがーんと殴られたような気がしました。と同時に「よく言ってくれた」心からそう思いました。

コメント

私の友人は、「何で雪のふる寒空の下でやるのでしょうか。その上娘がチボリの成人式に行って、風邪をひき熱をだしました。振袖は、成人式のためにと一生懸命貯金をして作ったものです。ぬれてしまった振袖に涙か出ました。」と怒っていました。

はじめまして。

上から「やってやる」という発想では、「上の人」の思うとおりでなければすまないです。

夕張市みたいに「上の人」がどうしようもなくなって「1万円出すから自分たちで」と、若者に任せたら、自分たちで何とかできるのが若者のエネルギーだと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)