« 知事の提案理由説明は無責任 | メイン | 地代など補助せず 武田県議質問に岡山知事---「しんぶん赤旗」22日付 »

大団円を迎えたチボリ

 6日から始まった県議会質問戦の中で、石井知事は、現状での運営は困難として、用地を返還して土地所有者のクラボウなど民間開発に委ねて、園内施設の活用を図ることも選択肢になる、と言い出しました。
 行き詰ったチボリの後始末を、倉敷市に押し付けようとして失敗し、今度は、地主のクラボウに押し付けようとしています。そもそも岡山市で断わられたチボリを、倉敷市とクラボウに押し付けたのが、岡山県知事であった故長野士郎氏です。石井正弘氏はその後継者であり、チボリを開園し、破綻させた責任があります。
 自民党県議団の代表質問で「わが党は一貫して支援してきており、現在の状況に責任の一端はあると思っている」と言いました。しかし、石井知事が口にしたのは「チボリ・ジャパン社の出資者と終身無料会員に心配をかけていることに責任を感じる」だけです。
 これまで340億円の県民の血税を使ったことに対する反省の言葉がありません。それを言いたくないので、あれこれ責任転嫁を図り、最後の悪あがきをしているように感じます。チボリ閉園、チボリ・ジャパン社法的整理、クラボウへの土地の返還以外に選択肢は無いのです。
 チボリへの税金投入反対、税金は県民の福祉に使えと主張してきた県民にとっては、大団円、めでたし、めでたしです。クラボウへ返還後に、クラボウに何か要求しようとしても、チボリを押し付けた者には、その資格はありません。
 石井知事が、チボリ押し付けを謝罪し、レジャー施設などを撤去し、クラボウが「元の緑の工場跡地」に戻ったとき、市民から「緑を残して欲しい」と言う声が出れば、日本共産党は、その声を届けて頑張ります。